脂肪酸を加える理由:ビルディングブロック

脂肪は、からだにエネルギーを提供してくれる、第3番目の栄養素です。

他の2つの栄養グループは炭水化物とタンパク質です
体は自ら必須脂肪酸であるオメガ3とオメガ6を作り出すことができないため、食事から得るか、またはサプリメントなどで補わなければいけません。
脂肪酸は皮膚の健康を良好にし、細胞膜の形成に関与し、酸素の吸収を良好にし、メタボリズムを上げ、エネルギーのレベルを高めます。
脂肪酸はまた、腎臓、神経、脳、筋肉、消化、免疫などの機能になくてはならないものです。
これらの脂肪酸より動物は、ホルモンのような分子を作り、これが細胞の機能を制御し、健康を維持するのにとても大切なものです。

ミッシングリンクに含まれる、多価不飽和脂肪酸であるオメガ3とオメガ6の主要なソースは、フラックスシードです。
フラックスシードはオメガ3脂肪酸の最も豊かな植物性ソースです。

悪い脂肪とは

健康に障害を与えるもので避けるべきものです。
悪い脂肪は、体にとって異質のものであり、免疫性、心臓、動脈、細胞膜、肝臓などに障害を起こします。
加熱される揚げ用オイルは、癌などへの影響があり、細胞に障害を起こします。

コーンオイルは動物達にとって良いと言われていますか?

コーンオイルは熱が加えられ過ぎています。
また、一つの脂肪酸だけが多く含まれ、犬、猫や馬にとっても適当なものではありません。
それは、安いゆえに使われています。